湯船にのぼりたいようです

保育店で泣かない1歳児は、妻の自転車での送迎で、通園しています。すると、その保育店の通園湯船がいらっしゃるようなのです。おんなじ住宅でも、その保育店を訴えるほうがいて、通園湯船を利用しています。
すると、夕暮れ、ほかの赤ん坊を届けに、通園湯船がやってきます。そこに、保育店のインストラクターがのっていて、通い始めたばかりの1歳児の声明を、自転車で先にかえった妻にしゃべりて要るみたいでした。
すると、キッズが、「ゆうまも、ゆうまも」というのです。保育店の湯船に乗って、やっと、保育所に行きたいというのです。はなはだ、驚かされます。
その30代のアベックが、あまりにも窮乏で、愛車も無く、どこにもいかないことに原因はあるのではないかと思ってしまう。